スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.朝食はカレーで

じりりりりりり

何の音だ。うるさいなぁ・・・

じりりりりりり

音が止む気配は一向にない。

じりりりりりり

聞き覚えがある音だ。

じりりりりりり

音のする方向へ手を伸ばし、何があるのかと探る。

じりりりりりり

こつん、と硬いものが手に当たった。

じりりりりりり

それを手で弄っているうちに、音は止んだ。

これでようやく一眠りできる・・・・・・

誰だ、目覚まし時計なんかセットした奴は・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・僕だ。





「ああ!」

そうだ。今日、僕は朝食当番だったんだ・・・

そうでもなきゃ、律儀に目覚まし時計なんか使わない。

・・・うん、時間はまだある。大丈夫だ。

僕は、急いで服を着替え、部屋を出た。



まだ、誰も起きていないのだろう。

廊下はしんと静まりかえっており、足音を忍ばせて歩きたい気分だ。

そろそろと歩き、キッチンへ向かう。

料理は得意な方だし、朝食を作るのは苦ではない。

・・・ただ、朝早く起きるのは得意ではないけれど。




「なんてこった・・・」

冷蔵室の中を見て愕然とした。

材料らしい材料がない。

せっかく、食べられそうなキノコを見つけても

"マリオ専用!食べるな!"

なんていうメモがくっついてちゃ使えない。

さて、どうしたものか。

しばらくごそごそと冷蔵室の中身を探るが、見つかったのはやっと全員分ぐらいのカレールウ。

カレーか・・・野菜はあるかな。

野菜室、冷凍室も探ってみる。

「・・・あ。」

野菜だけは、何故か豊富にあった。

「X荘のみんなは野菜嫌いなのかな・・・・」

野菜が好きな自分としてはちょっと悲しい。

でも、これだけあればカレーは作れそうだ。

朝からカレーって、どうなんだろう・・・

もしかしたら不評を買うかもしれないけれど、と苦笑いが漏れた。







「あら・・・いい香りね。カレーかしら?」

「朝からカレーなんて珍しいなあ。」

「別に、カレーは嫌いじゃない」

「僕は好き!」


廊下から聞こえてくる声に耳を澄まし、カレーは好評を博したようだと思うと、安心した。

・・・さて、味の方も気に入ってくれるといいな。
























朝寝坊しかけてしまったリンク。

トワプリのリンクは農村育ちだからなんとなく料理は上手そう。

とりあえず、ここでのリンクは菜食主義者かな。

最初は、トゥーンも一緒に登場させるつもりでしたが、結局はリンク一人に。

あと、悩んだのはリンクの一人称。

「俺」でも「僕」でもいいんだよなぁ・・・と思いつつ、「僕」にしてしまいました。

時オカのリンクなら、「俺」かなぁ・・・

トワプリのリンクは"やんちゃ"っていうコンセプトがあるみたいですが・・・

私的にはいい子、っていうイメージかな。
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

春尋

Author:春尋
初めていらっしゃった方は
はじめにをご覧ください。

小説はMainよりどうぞ。



ちびlettera
写メ日記です。随時更新のはず。
またの名を生存確認。

何かありましたら拍手
下のメールフォームよりどうぞ。










現在の閲覧者数:

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。